ABOUT

WORKS

SERVICE

MEMBER

COMPANY

RECRUIT

BLOG

NEWS

2021/04/14

ホームページってどんな種類あるの?それぞれの用途と目的を解説

「ホームページ」と言っても、その目的や存在意義は様々。
各ホームページの種類を正しく理解し、改めてWEB制作に対する知見を深めていきたいと思います。

さて、ホームページというと大雑把に分類すると実は9つほどの種類があります。
「消費やサービスを売る」「商品やサービスの認知させる」「顧客を集める」「収益を得る」「求職者からの応募を募る」等、目指すゴールによってホームページの種類は異なります。
各ホームページについてのそれぞれの特徴や制作する際の注意すべき点を1つづつ見ていきましょう。PART1では4つ紹介したいと思います。

 

先ず一つ目は…

①コーポレートサイト


企業サイトとも呼ばれることがあり、その企業を紹介することがメインとなるサイトです。
企業のオフィシャルサイトになるため、会社の顔の様な存在です。
会社の存在を世の中に認知させるために必要なツールの一つの様な存在。

コーポレートサイトでターゲットとしているユーザーを絞りコンテンツを制作するのが大切です。
例えば、既存顧客だけでなく「自社のことが気になっている求職者」もターゲットに含める場合は
、採用ページに力を入れる必要があります。
「応募条件」や「給与」といった内容だけでなく、「先輩が入社を決めた話」や「1日の働き方」といったコンテンツも
よく見られます。

そして大事な点はユーザーに与えたい、持ってもらい印象を意識しながら制作することです。
例えば、医療系の事業を行っている場合は「清潔さが感じられる白をベースにしたデザイン」といった考慮が欠かせません。

 

②ランディングページ

一般的にはLPと称されるホームページの種類となります。
ランディングページは商品やサービスの購入、申し込みをしてもらうことが目的。
Google広告やSEO対策でユーザーが検索するであろうキーワードで上位表示させてアプローチをかけるのが
一般的だとされています。

ランディングページでは、とにかくターゲットを絞ることが成功の秘訣と言えます。
「商品・サービスを必要とするユーザーはどんな人か」という客観的な視点のもと、ターゲットとする年齢や性別・生活習慣、日頃感じている不安や不満などを徹底的に考え抜きます。
その上で、ページを見たターゲットに刺さるキャッチコピーや理解しやすいイラストなどを制作することが大事です。

 




③プロモーションサイト

PRサイトは商品やサービスのプロモーションを行うサイトです。
サイトのゴールは「商品の認知」「興味を持ってもらう」「買ってもらう」の3つです。
最終的なゴールして「購入」まで含まれている点を踏まえると、②で紹介したランディングページと若干似ています。

プロモーションサイトでは商品の特長やメリットや他との差別化を全面的に押し出していく必要があります。
商品の購入に対してのメリットをアピールしていきます。
また、ユーザーに興味を持ってもらえるようにインパクトのある訴求力の強いコンテンツ制作も鍵となります。
ホームページにボタンエフェクトやページ遷移時のアニメーションを取り入れたりして、
訪れた人にワクワク感を与えることも大切です。

 

 

④オウンドメディア

オウンドメディアの本来の意味は、その企業が保有しているメディアの総称を指します。
しかし、近年ではこの意味が変わりつつあり、様々なコンテンツを用意して商品やサービスの魅力を訪れた人に
伝えていくサイトのことを指すようになっています。

そのため、「商品やサービスの認知」▶︎「商品やサービスの購入・申し込み」までを実現させる+ユーザーが
自社のファンになるようにすることを目的としたのがオウンドメディアの目的です。

ホームページの種類としては、LPやPRサイト、企業サイトに似ています。
しかし、中長期的に顧客確保を目指すため、「作ったら終わり」ではなく、「そのサイトを育てていく」という
スタンスで制作することが重要です。
また、どのようなターゲットを狙うのか?を明白にすることも必要です。
ここが不明確では、情報がま止まらず散乱することになり、本当に伝えたいことが伝わりにくくなります。
さて、ここまで代表的な4つのホームページの種類とそれぞれの役割を紹介しました。

 

 

次回は「サービスサイト」、「ブランドサイト」、「リクルートサイト」、「ECサイト」、「メディアサイト」の計5つを紹介したいと思います。