最初の「5秒」で
視聴者の気持ちをくすぐる

「○秒後に動画をスキップ」を
押すことすら忘れる広告を。

Youtubeで動画を見ようとしたら、違う動画が流れてきたことはありませんか?それはTrueView広告と呼ばれるYouTube上で流す広告です。最初の5秒で広告をスキップできるため、いかに5秒で印象を残せるかがカギとなります。 AVII IMAGEWORKSでは、企画から制作をサポート。効果的な脚本を考えます。 もちろん、元々はYouTube動画ですので、TrueView広告を打たなくとも、「単純にYouTubeにPR動画を載せたいんだけど...」といったご依頼もお任せください。

TrueViewを打つに当たって、大切なのはターゲットにやマーケティングの目的なります。そのサービスや商品を新規層に認知してもらいたいのか、既存の顧客に一つ上のサービスを提供するのか、相手は女性か、若者か、などなど制作によって理由は様々です。紹介する内容と、マーケティングの目標から、もっとも効果的なシナリオを考えさせていただきます。お打ち合わせの際にご相談ください。

無料で相談してみる

媒体ごとに適切な広告をご提供

ひとくくりに「インターネット動画」といっても
「どこに載せるか」で内容を工夫する必要があります

Youtube

15-30秒
デスクトップ・ノートPC・タブレット
ユーザーは動画コンテンツを見たい

最初の5秒が勝負

ユーザーが動画をスキップするまでの5秒間の間に、効果的な仕掛けをつくることで心を掴む必要がある。

fecebook

5-15秒
ノートPC・スマートフォン
ユーザーは友達のフィードが見たい

0秒目からの勝負

高速で流れるタイムラインで、ユーザーの目に止まるサムネイル、もしくはストーリー性を持たせてシェアを狙う

Instagram

3-10秒
スマートフォン
ユーザーは素敵な画像を見たい

ブランディングに最適

ユーザーのタイムラインの雰囲気を壊さず、かつおしゃれでひねりのある短い動画コンテンツ

セグメントで動画の
クリエイティブは変わる

紹介したいサービス、商品のターゲットはどこにあるのでしょうか?貴方や貴方の商品やサービスをまだ知らない未認知客なのか、名前は知ってるけど、あまりよくは知らないといった認知客や見込み客なのか。はたまた、もう既に貴方のお得意様で、新しい期間限定サービスやポイント割などのVIPサービスのご案内動画なのか。 動画制作のポイントはKPI (Key Performance Indicator) にあります。すなわち目的の設定と、ターゲットの設定、媒体の設定です。未認知客にとにかく名前を知らしめたい!といった場合には、少々奇を衒ったシナリオを描き、SNSでバズらせることを狙う必要がありますし、逆に既に商品やサービスを愛用していただいているお客様には、培ってきたブランド力を汚すことになりかねません。ですので、その場合にはブランドのイメージを崩さず、もともとあるものを生かす広告が必要です。また例えば、ブランドのことは知っているけれど、今までにない客層を取り込みたい、そのような場合にはターゲット層に共感をもってもらうようなストーリーを盛り込み、二次的拡散を狙うのが効果的でしょう。

ユーザーのターゲティング

TrueView広告はGoogle Adwords経由で視聴者の設定が可能です。年齢と性別といった情報に加え、ユーザーが興味のあるカテゴリー、例えば「スポーツ」「ビジネス」などのカテゴリによって振り分けることも可能です。更に、ユーザーのターゲティング以外にも、どのような動画の前に表示させるかなどといったことも設定可能です。たまに妙に好きなジャンルのTrueView広告が流れてくることはありませんか?その広告は実は、ちゃんとターゲティングがなされていれば、他の人が見ているものとは違う、あなたに最適化されたものが選ばれているのです。

広告効果は
テレビよりも80%以上

2016年4月にGoogleは「YouTubeはテレビよりも80%以上の広告効果あり」と公式発表しました。これは欧州8カ国56の事例から出た結果で、「広告主は現在の6倍の予算をYouTube広告出稿へ回すべき」としました。また、博報堂の調査にもよるとテレビCMとインストリーム動画広告を掛け合わせることでユーザーの広告認知率と商品への興味が高くなるとも発表しています。

YouTube広告の効果を測定

動画広告は測定することで、より効果をアップさせることが重要です。
AVIIなら毎月の分析結果から運用マネジメントまで行うこともできます。

YouTubeの分析ツールから、「誰が、どこから、どのくらい」広告を見ているのか?ということを分析することで、改善点が見えてきます。再生回数、視聴者維持率、ユーザー層、再生場所、トラフィックソース、端末を調べることにより、キーワードの変更や、カテゴリの変更、見られやすい日の発見それによる配信日の再設定。トラフィックソースをよく分析すれば、YouTube、Google検索からの流入数と検索ワードを紐解いて、新たなターゲットの可能性を見出すことも可能です。

YouTube広告でお客様とダイレクトに。

私たちは、あくまで制作会社であり代理店ではありません。

中間マージンを取ることなく、直接、私たちが制作いたします。

効果的なシナリオ

YouTubeTrueViewに最適な脚本を、弊社のシナリオライターが考えます

実写撮影

実写撮影もお任せください業務用シネマカメラ、プロ用ドローンや電動スタビライザー、モデル手配等ご要望に応じて撮影プランをご提案いたします。

高度な編集

CGを使った実写合成や、実写撮影を行わなわなかった場合にも、アニメーションの作成やモーショングラフィックスの作成も得意としております。

広告運用マネージメント

作るだけでなく、そのあとの毎月の広告運用分析も行うことができます。最適なTrueView広告運用をご提供させていただきます。

お見積は無料。

お持ちのサービスや商品の広告をYouTubeで流そうとお考えでしたら、 ぜひ一度ご相談ください。

中間フィーがかからない、リーズナブルなご提案をさせて頂きます。

試してみる