映像制作の企画の大切さ、押さえるべきポイント

企画は制作における方向性を定めるための、全ての指針となります。
企画をするにあたって、AVII IMAGEWORKSが大切にしているポイントは以下の7つの項目になります。

目的

誰に向けた、何を狙った、何のための制作物なのか?
サービス認知、購買意欲の促進、ブランドのイメージの向上、キャンペーンの参加促進など、
他の人とシェアする場合には必ず「目的」が必須となってきます。

ターゲット

誰に映像を見てもらうのか、 “ペルソナ”を意識した制作に取り組みます。
※ペルソナ とは、企業や商品の典型的なターゲットとなる顧客像のことです。 ペルソナ で定められる顧客像には、氏名や年齢、居住地、職業、年齢、価値観やライフスタイル、身体的特徴までのかなり細かい情報が盛り込まれます。

メッセージ

どのようなメッセージを込めるのか。
「挑戦者の姿勢」「立ち向かう勇気」「諦めない気持ち」など制作物によって様々なメッセージ性を込めた作品に仕上げます。
感情に訴えかける場合もあれば、利益で顧客を引きつける場合もあるので、臨機応変に対応します。

映像の利用用途

制作した映像はどこで流すのでしょうか?
 WEB、デジタルサイネージ、テレビCM、自社メディアなど、時代に合わせたSNSでの拡散を意図したものなのか。
ユーザーが真剣に見る場所なのか、はたまた流し見されてしまう可能性もあるのか。 映像の演出にも関わってきます。また、出演者やモデルとの契約、映像に利用する音楽、写真素材の使用など、各種権利関係の許諾の際も必要になります。

映像制作に至った背景

「映像だからこそできる表現で伝えたい」この思いの背景を探れば、より具体的なイメージを展開しやすくなります。

視聴後のユーザに期待すること

商品を買ってもらう、お店に来てもらう、問い合わせをしてもらうなど、ただ見てもらうだけで終わらせるのではなく、その後の効果も意識することが大切です。

映像のコンセプト

撮影に至るまでに、制作する映像のコンセプトを固めておくことが非常に重要です。ユーザーの購入意欲を高めるような演出にする、使用後のイメージが容易に想像できるなど、映像全体の方向性を描きます。