運用について

制作が終了し、映像を配信しても終わりではありません。
次にしなければならないのが、制作した映像を使ったマーケティングです。動画コンテンツを用いて企業や商品/サービスのマーケティングを行います。近年ではインフラの整備と、モバイルデバイスの普及が進んだことから、どこからでも動画を見る環境が整っており、さまざまな業界から注目を集めています。

動画マーケティングのメリット

●伝えられる情報量の圧倒的多さ
企業が映像の視聴者に対して伝えたいこと、知ってほしいことは数多くあります。
まず一つめですが、映像コンテンツは豊富な情報量に発信できるメディアという点がメリットです。
映像とひとくくりにいっても、数秒程度の短いものから15分~数時間までの長い映像もあります。
数秒の動画だとしても、内容や完成度によってはユーザーに大きなインパクトを与えることが可能です。
動画広告の場合は、チラシやリーフレットなどの静止画による広告と異なり、サービス内容だけでなく抽象的なイメージも同時に伝えることが可能です。

●記憶に残りやすい
「あの映画のあのシーンが良かった」
このように印象に残ったシーンを思い出すことはないでしょうか。
映画の中の細かな言葉などは覚えていなくてもシーンで印象に残っている方は多くいます。
つまり、動的なコンテンツは静的なコンテンツより人間の脳にインプットされやすいという優位性があります。良質な映像の中には、たくさんの情報が詰まっていて、なんとなく見ただけでもユーザーに強い印象を与えることができるので映像広告は他の広告よりも非常に優位性が高いと言えます。

●拡散に成功すれば高い宣伝効果を発揮
映像はユーザがクリックしやすいコンテンツであると、同時に拡散もされやすいコンテンツでもあります。
インターネットが普及した今、面白い動画であれば、すぐ様拡散されます。
SNSなどで拡散されれば爆発的な視聴率を獲得することができ、非常に高い宣伝効果が期待されます。
世界的に有名な映像も、最初は1回の再生から始まっているのです。