ABOUT

WORKS

SERVICE

MEMBER

COMPANY

RECRUIT

BLOG

NEWS

issey

issey

CATEGORIES : ALL
2021/07/21

最速編集を行う方法 5選

こんにちは!

今回は、「編集を効率よく行う方法」ということで
編集が上手く進まない、、時間通りに終わらない、、などの悩みをお持ちの方が今からでもすぐに行うことのできる方法をお伝えできればと思います。

映像の編集を行っている際に「もっと作業効率上げれるのでは?」と思ったことがある方は少なくとも多くいらっしゃるかと思います。
僕自身も初めて案件をこなす時に時間通りに進まず、納期に送れそうになってしまった経験があります。

今からでも行える編集効率を上げる方法 5選
1・ショートカットキーを覚える
2・一つのことを時間を決めて集中して編集する
3・テンプレート作成
4・エフェクトの差し込みタイミング
5・「Vrew」(音声読み取りアプリ)を使用した字幕起し

1・ショートカットキーを覚える

映像編集を行う際に編集効率を上げるために一番大切になるといっても過言ではないショートカットキー
このショートカットキーを覚えているだけで編集時間を大幅に削減することが可能となります。

今現在、編集を行っている際でも、少なくとも10個くらいのショートカットキーを使用しているなと感じます。
そんなショートカットキーでこれだけは覚えておこう!といったショートカットキーを紹介します。

2・一つのことを時間を決めて集中して編集する

編集を行う時に、「どんな順番で編集していこう?」「同時にできることは同時にしてしまおう!」といったことがよくあるかと思います。
そのせいで時間を取られてしまうこともよくありますよね。

基本的には、同時に何かしらの編集、例えば「カット編とテロップを同時に行う」といったことはしない方が良いです!
編集の内容によっても変わることがあるかもしれませんが、同時に何かを行うことで、ケアレスミスが増え、余計に無駄な時間を費やしてしまう結果となります。

僕の場合は、ある程度基盤となる「編集順序」を決めて毎回編集作業に取り組んでいます。
順序を立てることで、一つ一つ丁寧に編集を行うことができ、それが編集効率にもつながっていきます。

PremiereProで覚えておくとよいショートカットキーに関して
Windows      Mac
カット  Ctrl + X    Command + X
コピー  Ctrl + C    Command + C
ペースト  Ctrl + V    Command + V
すべてを選択  Ctrl + A    Command + A
取り消し  Ctrl + Z    Command + Z
やり直し  Ctrl + Shift + Z  Shift + Command + Z

3・テンプレート作成

これは中級者向けにはなってしまいますが、同じ案件で2,3人のインタビュー映像を制作しないといけない際に、
1人目でテロップの配置やテキストモーションのスタイルなど2人目3人目でもすぐに使用できるようにテンプレートを作成する。あるいは、アニメーションコンポーザー(無料プラグイン)などといったテンプレを使用することで編集時間の短縮が可能となります。

いやいやいやと。
テンプレサイトからとってきたものでは嫌だ!という方もいらっしゃるかと思います。
その時は、ご自身で作成し、それをプリセット保存して編集アプリに入れておくと次回もすぐに使用できるのでお勧めです。

アニメーションコンポーザーのダウンロード方法に関しての参照こちら

4・エフェクトの差し込みタイミング

映像を制作するうちに様々なビデオエフェクトに遭遇すると思います。
皆さんの中でもクロスディゾルブやズームインアウトなどといったエフェクトを使用される方も多くいらっしゃるかと思います。

そんなエフェクトですが、カット編後すぐに差し込んでいる方もいるのではないでしょうか?
カット編後に差し込むとカットが確実に決まっていない場合、またエフェクトをかけなおしたり、無駄に調整する時間を取られることも多くあります。
僕自身、先走ってエフェクトを先に追加することが時々ありますが、一度ステイしてカット編をほぼ確実な状態にした後にエフェクトを差し込むようにしましょう!

5・「Vrew」(音声読み取りアプリ)を使用した字幕起し


インタビュー映像やYOUTUBE映像で話す内容が決まってなかったすることがありますが、その時字幕を一から聞いて打ち込むことがあるかもしれません。
そんな時に是非利用してほしいのが、「Vrew」というアプリです!

このアプリは、映像をアプリに入れ込むと勝手に文字として書き出してくれるかなり優秀なアプリとなっています。
もちろん文字の書き出し制度はまだまだ確実ではないことが多々ありますが、書き出し後修正したい部分はご自身ですぐに修正することができます。

僕もYOUTUBE編集をしている時期によく利用していましたが、
それから随分制度が上がっているように感じます。

文字起こしは本当に時間がかかる作業ですので、何としてでも時間短縮したいですよね?
一番良い方法としては撮影段階に話す内容を準備しておくのが良いですが、それができない撮影の際の映像の字幕を書き出す際は、是非利用してみてほしいアプリです!

ダウンロードリンクは  WIN こちら
MAC こちら

今回は、映像編集を始められた方や、初級者向けにこちらの記事を書いていきましたが、
まだまだ編集効率を上げる方法は他にもありますので、編集時に様々な方法を試してみるのが良いかと思います。

個人的には、やはりショートカットキーを網羅するのが一番早いかと思いますが、
映像編集の数をこなしていかなければもちろん覚えたショートカットキーなども忘れてしまいますので、編集の数をしっかりと増やしてご自身にあった編集順序で編集効率を上げていきましょう!!