koki

koki

CATEGORIES : ALL | 撮影 | Creative
2021/08/31

映像制作のプロがマジで選んだカメラ4選

こんにちは。
videographerの森田です。
いつまでこのマスク生活は続くのでしょうか。人一倍汗を流す僕は、この猛暑のおかげで常にマスクと着替えのTシャツは2枚持ちです。(笑)
さて、今回は弊社が所有している機材についてお話ししようと思います。

SONY PXW-FS5

スーパー35mmのイメージセンサーを搭載したビデオカメラです。
長時間撮影時やイベント中継撮影時に主に活躍しています。
何といっても便利なのは可変式NDフィルターが内蔵されていること!!
これが本当に便利なんです。イベント撮影時や、とにかくスピードが重要視される屋外の現場ではNDフィルターを外したり着けたり時間が無かったりしますよね。。
そんなときにボタン、ダイヤル一つで電子式NDを着けたり外したりできちゃうのがこのFS5です!
1/4から1/128まで設定できますし本当便利な機能です。

SONY a7iii

一眼レフカメラ、sonyのaシリーズ第三世代スタンダード機という位置づけのカメラです。
35mmフルサイズ機になります。
弊社ではサブ機として使うことが多いですね。
インタビュー撮影時で2カメが必要な際や、
メイン機材が壊れてしまって動かない時の最悪のケースのために持ち出したりしています。幸いそのケースで使用したことは一度もありません(笑)
後は、クライアントさんから急遽写真を撮ってほしいと言われた際に活躍します。うちの機材で唯一スチールがとれる機材になっています。(笑)
スチールでは、瞳AFが早かったり、階調再現域が広いですし万能カメラだと思います。

BMPCC6k

blackmagic社から発売されているシネマカメラ機。
最近では6kProが発売されて、価格も手に入りやすい値段になりましたね。
BMPCCの良いところは操作性があっさりしてるところです。とにかくあっさーーーりしてます!
SONYだと設定のページ数が多すぎて、自分が求めている設定をするまでにかなーーーり時間がかかってしまいます。(笑)
日本人向けといいますか、ポジティブに言えばこだわりがある人にとっては最大限までこだわることができるのがSONYになりますが!
なので、ちょっと触ればすぐにわかると思います。
また、タッチスクリーンで画面も大きいのが魅力ですね。
編集時においては、 Blackmagic RAWだと軽いですし、RAWなので露出/ISO/ホワイトバランスを後から変更できるのも魅力ですよね。
弊社では、プロモーション映像やミュージックビデオ等、多岐にわたって使用しています。

RED GEMINI 5K S35

6月から弊社に突如新加入しました、GEMINI5k!

もともと大きいプロジェクトの際はこちらのカメラをレンタルで使用しておりました。

最大5120ピクセルの5K映像の撮影を可能にしています。

弊社での使用ではコマーシャルや映画クラスの撮影の際は確実にこのカメラを導入していますね。

とにかく奥が深いこのカメラ。

個人的にまだまだ未知数な部分があります。

今後このカメラで標準モードとLL(ローライト)設定での比較や、ISO感度等のチェックなど、色々実験してインスタグラム等に投稿しようと考えておりますので是非チェックしてください!

AVII IMAGEWORKS(@avii_imageworks) • Instagram写真と動画

はい!

GOPRO等の小型アクションカメラやドローンなど、弊社にはまだまだ機材がありますが

この4台でカメラで回しております!

カメラ1台1台特徴がありますので、その現場に合うカメラ選びで撮影していきましょう!

ではまた次回です!