アプリ動画制作のメリットを紹介

消費者にアプリをダウンロードしてもらうには、アプリの利便性や、アプリを使うことで「こんなにワクワクした体験ができる」と思ってもらうことが重要です。動画を使って、アプリのイメージや特徴、操作方法などを紹介すれば、消費者の興味や認知拡大を狙うことができます。動画独自の表現方法を用いることで、アプリの利便性や楽しみ方を大きく訴求することもできます。動画を使ってアプリの雰囲気、イメージを伝えることで、より多くの人にアプリをダウンロードしてもらう「きっかけ」をつくりましょう。

アプリ動画制作のメリット

・アプリの雰囲気や使用感を伝えられる
・ターゲットに向けて、アプリのサービスや「こんなにワクワクした体験ができる」という点をアピールできる
・操作方法を動画内でわかりやすく説明でできる

制作実績

株式会社シルタス 様

同社が開発した栄養管理アプリ、『SIRU+』    アプリについて広く認知してもらうため、「ポイントカードを使って買い物をするだけで自動的に栄養管理ができる」という点を重点的に伝えました。モーショングラフィックスを使い、アプリの特徴やメリットを楽しく効果的に紹介しています。

株式会社BONX 様

一般ユーザー向けに、スノーボードやサイクリングをしながら会話ができるアプリとツールの販売を行っている同社。最近では、ビジネスツールとしての拡大も目指しています。本件では、BONXを使って行う会社向けのサービスを、モーショングラフィックスでわかりやすく表現しました。
これまで会社の事業内容や商品の利便性をわかりやすく伝えるツールがなかった同社ですが、今回動画を制作されたことで、SNSにアップしたり営業ツールとして使用したりと、幅広い運用が可能となりました。