BLOG/COLUMN

株式会社 ヨシタケ様、リクルート特設サイト『 与えられたのは、1年ダケ。 大洪水からの復活。』

カテゴリー
2019/08/20
4・5メートルの水に浮かぶ、屋根。

2011年10月4日、タイ全土を大洪水が襲った。
日本で一番長い河川である信濃川の約3倍にあたる
タイ最大河川チャオプラヤ川が氾濫したのだ。
浸水水域は1万8000平方メートル。
これは日本の「四国」と同等の広さ。
被害者は約950万人、死者800人以上、
被害総額は1兆3,600億バーツ(約3.5兆円)にのぼり、
歴史に刻まれる大災害となった。中でも、ヨシタケが工場を構えていた
アユタヤ地方・サラハッタナコン工業団地(通称:サハ工業団地)の被害は甚大だった。
水深は4.5メートルに達し、
工場の屋根のみが水の上に浮かんだ状態が1ヶ月以上も続いた。
工場内はすべて水で侵食され、加工工作機やボイラー、
検査機器などの機械が水の底に沈み、廃棄処分となった。
当時、ヨシタケ サハ工場で働いていた従業員は236名。
この洪水により自宅の浸水などの深刻な被害を受けた者は約半数。
二次被害も含めればほぼ全員が被災した。さらに深刻だったのは、
タイには、日本のように被災者を受け入れる避難所がなかったことだった。
家を失い、親戚に身を寄せる者もいれば、寺院に身を寄せる者もいた。
この洪水をきっかけとして、タイに工場を構えていた日系企業のうち
40社以上がタイから撤退した。「もうタイはこりごりだよ」。
水の底に沈む町並みを横目に、他国に拠点を探しに行く日系企業の姿があった。
(株式会社ヨシタケ様 リクルート特設サイト『 与えられたのは、1年ダケ。 大洪水からの復活。』より)


AGENCY / パラドックス株式会社
DIRECTOR / ATSUMI ARAI
CAM & EDIT / KOUKI MORITA
DRONE OPERATOR / ATUMI ARAI KOUKI MORITA
自動弁(バルブ)の総合メーカー、株式会社ヨシタケ様。
リクルート特設サイト、
『 与えられたのは、1年ダケ。 大洪水からの復活。』に掲載するための
動画の制作をさせていただきました。

ヨシタケ様の復活への力強さ、
また、社員であるタイの人々を想う気持ちを、
プロモーションページのトップ映像として表現するために、
タイの現地工場にて撮影させていただきました。
映像そのものというより、
サイトに掲載された数々の印象的なテキストの
“さわり” になることを意識して撮影と制作を行いました。
株式会社 ヨシタケ様 タイ工場 早川工場長インタビュー

株式会社 ヨシタケ様 タイ工場 現地従業員インタビュー