ABOUT

WORKS

SERVICE

MEMBER

COMPANY

RECRUIT

BLOG

NEWS

2021/04/05

 

 

モーショングラフィックスとは、ロゴや イラスト、文字、図形、写真などに、動きや音を加えて動画にしたもののことを言います。

そんなモーショングラフィックスが、どのように作られているか、簡単にご紹介します。

 

 

 

 

どんなソフトで作っているの?

 

 

 

 

使用ツールとしてよく使われているのが、adobe製品の「After effects」です。

After effects内でグラフィック素材を作ることもできますし、

illustratorなどで作成されたグラフィック素材や、写真などもAfter effectsに取り込んで使用することが可能です。

 

 

 

 

制作の流れ

 

 

①絵コンテ/字コンテ

 

 

 

 

まずは何を伝える映像なのか、どんなイメージなのかしっかり議論を重ねて「絵コンテ」を作ります。

絵コンテの目的は、映像の構成を決めることです。

絵を限定せずに、伝えるべき内容と構成を記した「字コンテ」というものもあります。

この段階でキャッチコピーやナレーションなどを固めておくと、後々の進行がとてもスムーズになります。

 

 

 

 

②音楽&Vコンテ

 

 

 

 

 

音楽が映像作品に与える影響は大きく、とくにモーショングラフィックスでは

音楽に合わせて映像の動きを作ることも多いので、土台となる音楽をしっかりと決めていきましょう。

 

また、音楽を決める際にも役立つのが「Vコンテ」です。

Vコンテとはビデオコンテのことであり、絵コンテの絵や写真を実際の流れに沿って配置し、

音楽や仮の声でナレーションをあてこみ、全体の流れを確認します。

 

 

 

 

③デザイン

 

 

Vコンテで大まかな流れが決まったら、次はデザインを決めていきます。

ここで決まったグラフィック素材を次の工程で動かしていくことになりますが、

動きがついたあとに大きくデザインを変更すると、工数が大きく変わり、余計な費用が発生する場合があるので

デザインに違和感がある場合はこの段階で納得できるまで議論を重ねましょう。

動きがつくとデザインの印象が変わってくるので、それも加味して考える必要があります。

難しいポイントなので、相談して決めていきましょう。

 

 

 

④アニメーション

 

デザインが完了したら、次はいよいよ映像として動かしていきます。

「移動」や「回転」といったシンプルな動きだけでなく、

様々なエフェクトも追加します。

 

 

 

⑤レンダリング

 

全ての工程を終えたら、映像を書き出して完成です。

この書き出しのことを「レンダリング」といいます。

どのようなデータ形式で書き出すのかによって、映像の(解像度的な面での)綺麗さや

容量の大小が変わってくるので、使用用途をあらかじめお伺いし、最適なデータ形式で

お渡しできるようにしています。

 

 

 

完成!

 

以上の工程を経て完成です。

ものによっては、ここに書いていない工程が発生しますが、

おおまかにはこのような流れとなっています。

 

制作のご依頼の際の参考になればと思います!